白髪染め色落ち

 

白髪染めした髪の毛の色落ちを防ぐシャンプー

 

毎日使うシャンプーは、その選び方が大切。
今回は、白髪を染めているという人にオススメのシャンプーです。白髪染めは、白髪に対してずっと効果を発揮するものではありません。時間が経つにつれて、徐々に色が落ちてくるのが最大の欠点と言えます。

 

なので、人生を通じて何回も白髪染めをすることになるのですが、そもそも何故白髪染めの色が落ちてしまうのか…。原因はひとつではありませんが、やっぱり毎日するシャンプーの影響は大きいのではないかと思います。

 

1回シャンプーをしただけで、白髪染めが全部落ちてしまう…なんてことはありませんが、毎日使うことによって少しずつ気づかない内に、銀色の髪の毛が見えてくるわけです。もちろん、シャンプーは清潔さを保つために欠かせないものなので、こればかりはどうしようもありません。ただ、もう少しヘアカラーの色落ちを防ぐシャンプーないの?と思った時に便利なシャンプーはあるわけで…。

 

シャンプー

 

上記は、ダリヤが展開する「サロン・ド・プロ」というヘアカラーブランドから販売されているシャンプー。サロン・ド・プロという言葉は聞いたことがある人も多いとは思うのですが、白髪染めした人向けのシャンプーも販売しているんですね。

 

 

白髪染めの色を長持ちさせるための工夫

 

白髪を染めた髪の毛を少しでも長く維持するために、この手のシャンプーは重宝します。ただ、他の会社から同じようなシャンプーが出ていることもあって、オンリーワンというわけではないんですね。サロン・ド・プロが本格的だなぁ〜と思うのは、「ヘアカラー用」と「カラートリートメント用」に分かれていることです。

 

少し前の時代であれば、白髪染めと言えば、ヘアカラーだけでした。ただ、今人気が高まっているカラートリートメント用のシャンプーも選ぶことができるということで、さらに細かな白髪対策が可能になるというわけです。ヘアカラーとカラートリートメントの違いを簡単に言うのであれば、髪の毛の内側まで染めるかどうかという点。

 

  • ヘアカラー:髪の内部まで染める
  • カラートリートメント:髪の外側だけ染める

 

ヘアカラーは、色持ちは良いですが、髪のダメージが心配。一方で、カラートリートメントは色がすぐに落ちてしまうというデメリットがあります。どちらが良いと感じるかは人によって違うと思いますが、自分に合ったシャンプーを選べるというのは嬉しい限りです。

 

2つのシャンプーの具体的な違いは?

 

ヘアカラーした髪の毛に使うシャンプー。このシャンプーの魅力は、開いてしまったキューティクルを引き締めることです。ヘアカラーは、ドラッグストアに売っているような2剤式の白髪染めですが、その特徴は髪のキューティクルを薬の力で開いて、中に染料を送り込むことです。こうすることによって、内部までしっかり染め上げて、色持ちを良いものへします。

 

つまり、キューティクルが開いてしまうと、白髪染めの効果を薄れてしまうわけで、この点を補正するために、キューティクルの引き締めが行えているように製造されているようです。

 

一方で、カラートリートメント用は、キューティクルを開く必要がありません。なので、髪の表面の染料の吸着に適した環境にするよう、製造されているというわけです。

 

 

ハリやコシ対策もバッチリ

 

染めた白髪が色落ちしないのであれば、なんでもいいと言いたいところですが、上記の商品には、髪の毛の状態をケアすることにも力を入れてします。なので、シャンプーとしてはかなり優秀な方ではないかと…。

 

白髪で悩んでいる人の中には、髪の毛全体のことにも悩みを持っている人は結構多いです。そして、それを放置している人も…。実際に症状を感じないと、やっぱり行動するのは難しいです。ある統計によると、白髪を染め始めたことによって、髪の毛の感想やパサつき、ボリュームがなくなったと感じている人は、多いみたい。それでも、白髪染めは定期的にやらないと意味がないので、対処のしようがなくなるというケースは結構多いようなのです。

 

40歳後半にもなると、白髪がある人の割合は7割にも達すると言われているので、この問題の深さが伺えます。白髪染めの色落ちを抑えて、なおかつ、髪のケアまでできるとしたら、重宝する人は多いのではないかと思います。

 

 

頭皮ケアもできるシャンプーが人気

 

シャンプーと言えば髪質を向上させるためのものというイメージが一般的でした。なので潤いやサラサラ感などが重視され使用しているときよりも洗い上がりで良し悪しを判断されるということが多かったわけです。

 

しかし、最近は頭皮の毛穴をキレイにすることの重要性が見直されてきています。いわゆるスカルプシャンプーです。実際に使ってみるとわかりますが、スカルプシャンプーの多くは頭皮をキレイにするかわりに、髪の毛にキシみを感じることが多いです。なので、「このシャンプー全然よくないわ!!」という感想を持ちやすいのですが、目的そのものが違うので洗い上がりだけで判断するのはナンセンスです。

 

同じスカルプシャンプーを使っていても、その目的をはっきりと理解している人は、トリートメントで髪質を維持しているので問題はないようで、それに加え髪質がよくなった(太くなったりコシが出てきた)という評判も多いです。

 

頭皮ケアという項目が増えたことで、商品のバリエーションが増えたシャンプー業界。スカルプシャンプーは頭皮の毛穴を詰まらせないようにする点において定評があるので使ってみるのも良いかと思います。

 

 

白髪を染める毛染めシャンプー

シャンプーのバリエーションとしてもう1つ増えているのが、洗いながら白髪を染めることができる毛染めシャンプーです。上に書いたようなスカルプシャンプーは透明なものがほとんど。そして、一般的なシャンプーは乳白色のものが多かったりしますが、毛染めシャンプーは白髪を染める色…つまり、黒や茶色をしたシャンプーなのです。

 

白髪染めをすると髪へのダメージが気になるもの。それを回避するために刺激の少ないシャンプーを使って少しずつ白髪を染めていくという発想です。特に白髪の量が多い人の場合、そして白髪染めによる急激な変化を周りに悟られたくない人には向いていると思います。

 

白髪染め シャンプー