シャンプー 30代

 

30歳を過ぎてからのシャンプー選び|近年の傾向

 

キレイな髪の毛

 

ドラッグストアに行ってシャンプーを見る機会がある場合、無意識のうちに香りを気にすることが多いことに気づいた今日このごろ。シャンプーの香りなんて使ってみないとわからないし、パッケージを見て気にしていても仕方がないのだけれど、どうしても気にしてしまいます。そして、実際に買う場合も「こんな感じの香りだろうな〜」なんて勝手に想像して買ってしまうのです(汗)

 

それはそれで問題ないと自分では思っているのですが、やっぱり最近のシャンプーの傾向を見ているとそれではダメだと思う自分もいたりするのです。そしてその思いは年令を重ねるたびに上がっていきます。

 

インターネットなどで見かける情報によると30歳を超えたら、シャンプーの質にもこだわったほうが良いのだとか。髪の悩みには色々あります。10代・20代だからといって自分の髪の毛に対して悩みがないとはいえません。むしろ、思春期などは必要以上に悩みを持ってしまうもの。クセッ毛でサラサラにならない自分の髪の毛に苛立つこともあるでしょうし、逆に真っ直ぐすぎて髪にボリュームが出ないと悩むこともあるかもしれません。

 

ただ、30歳以降の悩みは個人の髪質とは全く別のもの。全ての人に共通して訪れます。老化…と言えばそれまでなのですが、具体的には女性ホルモンの分泌が減ってくることが関係しています。女性が一番輝くのは16歳〜27歳の間なんて言われますが、それも女性ホルモンの分泌量が関係しています。27歳以降の女性が美しくないというわけではなく、女性ホルモンが減ってくるので放っておくと色々なところで体調の変化を感じることになるよ…ということです。

 

それだけ女性ホルモンが女性に与える影響は大きいとも言えます。肌の調子や体型(急に太りやすくなったり…)など、気になることは色々ありますが髪の毛もその一つ。

 

具体的な悩みとしては…、白髪が増えたり、髪の毛がもっさりとうねるようになったり…パサパサになったり。また、最近は女性の薄毛も問題視される傾向にあり、40歳をすぎるとその悩みに直面する人も増えているようです。そんな髪の毛にならないように、30歳あたりからシャンプーの質にこだわっておくと良いのではないかという考え方です。

 

シャンプーの目的は頭皮ケア

 

30歳を過ぎてからのシャンプーの目的…、20代の頃と何を変えるべきなのでしょうか。使うシャンプーを変えることも必要ですが、最も必要なことは頭皮をケアするということです。

 

ヘッドスパを提供している美容院も増えていますが、自宅でも頭皮ケアをすることは可能。本格的に実践することもできますが、シャンプーを変えることでできることもあります。香りや髪の毛の潤い重視のシャンプーと違い、頭皮ケアを目的としたシャンプーは毛穴をキレイにすることを重視した設計になっていることが多いです。

 

対象のものとしてはスカルプシャンプーと呼ばれているシャンプーが多いです。なお、スカルプシャンプーという文字が商品名にないとしても、頭皮洗浄を目的につくられたものはあります。特に30代・40代をターゲットに製造されたシャンプーでは頭皮の洗浄をカバーしたものが多いので探してみると良いと思います。

 

頭皮の毛穴には思った以上にたくさんの汚れが付着しているのは結構有名な話。昔みたいに畑で農作業をするわけではないので、汗をかく機会も減って、泥や土汚れが付着することは圧倒的に少なくなっているわけですが、別の種類の汚れや頭皮環境が悪化する原因が増えています。

 

例えば整髪料。頭皮につけるわけではなく髪の毛につけるものですが、髪の根元につけようとしたときに頭皮に付着することもあります。整髪料には界面活性剤などの化学成分が使われていることも多いです。使うこと自体が悪いというわけではありませんが、シャンプーのときにきちんと落としておかないとそのまま寝ることに。ずっと汚れが付着した状態と変わらないので注意が必要です。

 

また、デスクワークをしている場合、冷暖房の効いたオフィスで長時間仕事をするというケースは決して珍しくはありません。快適なオフィスなので汚れが付着することは滅多にありませんが、頭皮が乾燥するなど頭皮環境の悪化が懸念されます。

 

スカルプシャンプーを使う時に、ただゴシゴシするのではなく頭皮をマッサージすることによって血行を良くして、頭皮環境を改善することが期待できます。もちろん、1回使えばそれでOKというわけではなく継続的に使い続けることが必要ですが…。

 

「頭皮マッサージはスカルプシャンプーじゃなくても良いのでは?」という意見もあると思います。ただ、一般的なシャンプーの場合、シャンプーそのものに界面活性剤などの化学成分が含まれていることがあるので注意が必要です。もちろん販売が許可されたものなので目に見えるような損害があるわけではありませんが、天然の成分を使ったものが圧倒的に多いスカルプシャンプーと比べるとやっぱり質は落ちてしまうという印象。

 

逆に言うと、スカルプシャンプーと書かれていても化学成分が入っているとそれほど意味はないのでは?と思っています(天然100%など天然成分であることが保証されたスカルプシャンプーの方がオススメ)。

 

まぁ、実際に使ってみないとわからないことではありますが、その手のシャンプーが出てきたことは喜ばしいこと。選択肢が増えて選ぶのが面倒ではありますが、頭皮マッサージも含めて使ってみるのも良いと思います。