シャンプー

 

アンチエイジングシャンプー|D.U.O.のスカルプシャンプー

 

エイジングケアシャンプー

 

プレミアアンチエイジング株式会社から販売されているスカルプシャンプー「ザ スカルプシャンプー」「ザ ヘアトリートメント」(D.U.O.ブランド)というものがあります。近年、スカルプ系のシャンプーはたくさん販売されていますが、それらに比べるとコンセプトのしっかりした「あ、なるほど…」と思わせてくれる商品です。

 

そもそも、アンチエイジング株式会社という会社名からして、ちょっと異質なものであることが期待できるのは自分だけでしょうか。シンプルにしてわかりやすい。髪の毛を洗うだけではなく、エイジングケアするという発想から作られたシャンプーとトリートメントなわけです。界面活性剤やパラベンのリスクについては、かなり認知度が上がっているような気がします。まぁ、スカルプ系のシャンプー業者がたくさん増えているわけですから、スカルプ系シャンプーを売るための口実としてはもってこいなのでしょう。で、D.U.Oブランドの2商品についても、「9つの無添加」モットーに掲げて、体に良くない成分を配合したモノになっています。

 

シャンプーって何?ということを考えた時に、「頭皮を洗う」のか「髪の毛を洗う」のかは、答えを出すのが難しかったりします。かなり多くの人が、「髪の毛をサラサラにしたい」とか「艶のある丈夫な髪にしたい」という願望から、髪の毛を洗うという意識でシャンプーをしているのではないでしょうか。確かに、髪の毛を清潔にすることも大切ですが、やっぱりそれだけではアンチエイジングにならないと思うのです。

 

重要なのは、頭皮を正常にすること。正常というのは、単純に洗浄するだけではなく、本来頭皮に必要なものは残しつつ、余分なものだけを洗い流すことです。なので、必要以上にゴシゴシとシャンプーすることは、逆に危険ってことになります。

 

 

ザ スカルプシャンプーの特徴

ザ スカルプシャンプーの特徴としては、頭皮を守る11種類の美容成分を配合していること。そして、先にも述べたように、界面活性剤やパラベンが使われていないことが挙げられます。頭皮に優しいアミノ酸系、ケラチン系洗浄剤を採用!!

 

界面活性剤やパラベンが使われている場合、どうしても頭皮に密着させるのが怖かったりする(1回やそこらで弊害はないですが…)のですが、美容成分に加え、ケラチン系の洗浄剤を使っているとなれば、むしろ頭皮を漬け込みたくなる感じ♪

 

5つのペプチドからなる「グローイングアクセル」という独自成分も配合し、ヘアサイクルを正常化させることにも重きをおいているようです。

 

 

ザ ヘアトリートメントの特徴

ヘアトリートメントの場合は、洗浄よりも保湿や栄養の補給に重きが置かれています。髪の毛は、3層構造になっていますが、その一番外側にあるのがキューティクル。キューティクルが傷む=髪がパサつくのはお決まりの図式ですが、これはキューティクルが傷む(剥がれる)ことによって内部のタンパク質が流れ出てしまうからだと言われています。

 

ザ ヘアトリートメントには、失った髪内部のタンパク質を補給する成分を配合。髪のハリとコシを向上させるように配慮されているわけです。また、キューティクルそのものを修復するための成分も配合されており、使い続けることによって髪内部の潤いやタンパク質の流出を防げるように!!

 

 

詳細情報

 

■ザ スカルプシャンプー
 内容量:320ml
 価格:3,900円

 

■ザ ヘアトリートメント
 内容量:320ml
 価格:3,900円

 

 

まぁ、ドラッグストアやコンビニで売っているシャンプー・トリートメントと比べると、随分お高い買い物になってしまいますが、スカルプ系の商品として見た時には至って普通の価格です。発売されてあまり時間が経っていないので、その評判は未知数。今あるシャンプー・トリートメントに満足していない場合には試してみても良いのでは?と思わせる一品です。